連作障害対策と土壌改良剤の製造販売
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

農業支援 お客様インタビュー
農業支援
お客様インタビュー

  1. ホーム
  2. お客様の声
  3. 農業支援 お客様インタビュー
  4. 栽培方法について

栽培方法について

栽培方法について

有機農法

 化学肥料や除草剤といった農薬を一切使用しないことが基本(JAS法で認められた肥料等や農薬は使用可能)とし、農産物を栽培するのが有機農法といいます。カビや虫が発生するといったトラブル対処には、ナチュラルな天然の素材を調合して使用。有機農法は非常に高い技術が求められ、熟練の農家でも成功させることが難しいとされています。しかし、土壌や水質を汚染することなく農産物の栽培が出来るため、環境保全の面では最もサスティナブルな方法と言えます。有機農法は、非常に高いレベルが必要となるため、生産できる農家も限られ、加えて、JAS認証コスト、生産コストと品質に見あった富裕層の販路を確保する必要がある。

サスティナブル農法

 サスティナブル農法では、持続可能な農産物栽培のために化学肥料や農薬の使用は「必要最小限」で認められています。化学肥料を使いすぎず、即効性で安価な化学肥料の良さと、微生物の力を生かした発酵できた有機肥料で、品質と食味を高める良さを組み合わせる。継続した農産物栽培のために「使わない」という厳格なものではなく、生産性と環境への配慮のバランスを取っています。有機農法のように認証基準がないため、認証コストが必要ではなく、肥料選択の自由度が上がり、コストが軽減でき、また、病虫害による収穫量、品質減のリスクも軽減でき、安全安心で安定した生産販売が行いやすい。

特別栽培

 その農産物が生産された都道府県など地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培する。

自然栽培

自然栽培」とは自然の力をいかんなく引きだす永続的かつ体系的な農業方式の呼称です。 肥料・農薬には頼らず植物と土の本来持つ力を引き出す農業です。 自然栽培は、一切の肥料・農薬を使用しません。 「自然栽培」の定義は自然界を教師にして、自然から学び、自然を尊びながら自然に添っていく。収穫量が少ないことが保どんどなので、独自にファンを作り販売することが多い。

慣行栽培

 普通一般に行われている栽培方法で、通常生産過程において農薬や化学肥料を使用する従来型の栽培のこと。慣行的に使用される農薬の使用時期や回数、及び化学肥料の窒素成分量等は、栽培が行われる地域において定められており、「地域慣行栽培基準」が各地域で提示されている。JA出荷を中心とした一般流通により販売する。

 

インタビュー一覧へ